実写版ゴールデンカムイで主役の杉本役の山崎賢人が10キロ増量!比較画像やイケメン筋肉画像も!

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

人気漫画『ゴールデンカムイ』(金カム)の実写映画が2024年1月19日公開に公開されました。

この記事では、本作品で主演と務めた俳優の山崎賢人さんについて、

  • 仕上がりは原作と比べてどうだった?
  • 役作りのために10キロ増量?
  • イケメン筋肉画像

などが気になったので調べてみました。

目次
スポンサーリンク

映画の興行収入・評判は上々

映画「ゴールデンカムイ」のビジュアル(C)野田サトル/集英社(C)2024映画「ゴールデンカムイ」製作委員会
映画「ゴールデンカムイ」のビジュアル(C)野田サトル/集英社(C)2024映画「ゴールデンカムイ」製作委員会

映画の動向は公開3日間で

観客動員数35万人、興行収入5億円

を突破するなど、順調な滑り出しです。

スポンサーリンク

原作『ゴールデンカムイ』はとにかくマッチョ率が高め

ゴールデンカムイは筋肉がないキャラクターがほとんどいません。

漫画の設定上ですかね。

筋肉祭りです!(笑)

スポンサーリンク

山崎さんは役作りのために10キロ以上増量

そんな筋肉だらけの原作の中で主演を務めることとなった山崎さん。

原作への想いも相当強く、役作りにもこだわりました。

山崎さんは本作の完成報告会で、

体重は約10キロ増やしました
強さを表すために、トレーニングや軍事練習もさせてもらった。
日本の武道から来ている戦いを練習させていただいた。

と発言しています。

10キロの増量はすごいですね!役者魂を感じます。

原作の杉元との比較

そんな役作りもこだわった山崎さん扮する杉元佐一を原作で実写で比べてみましょう。

原作

Pinterest
Pinterest
Pinterest
Pinterest

実写

(写真:映画「ゴールデンカムイ」公式サイトより)(東洋経済オンライン)
(写真:映画「ゴールデンカムイ」公式サイトより)(東洋経済オンライン)
[c]野田サトル/集英社 [c]2024映画「ゴールデンカムイ」製作委員会
[c]野田サトル/集英社 [c]2024映画「ゴールデンカムイ」製作委員会

あと10キロ増量したらかなりいいかも

比較してみると

原作 → 無骨で猛々しい感じ
実写 → 凛とした美青年という感じ

という感じですね。

ここばかりは生まれ持った顔立ちや骨格があるので、原作に寄せ切るのには限界があるのかもしれません。

10キロ増量したとのことですが、元々かなりスリムなので、あと10キロ増量できれば原作の杉元感が強くなるかもしれません。

山崎賢人イケメン筋肉画像

増量後の写真はないですが、山崎さんのイケメン・筋肉画像を厳選してみました!

山崎賢人 - 撮影:日吉永遠
出典:シネマトゥデイ

2020年頃の写真です。アップバンクが似合ってますね。

週刊女性PRIME
週刊女性PRIME

前髪ありも似合ってますね。

漫画の実写化に引っ張りだこなのも納得です。

山崎賢人(C)日刊ゲンダイ
無精髭&ボサボサヘアー!山崎賢人が汚い姿に…!
[c]2020「劇場」製作委員会

映画「劇場」での山崎さん。

襟足の長いミディアムヘアにヒゲという、今までの山崎さんにはなかったスタイルですがとても似合ってます。

下の写真は映画のワンシーンですが、役作りのためかかなりやつれてますね。

無造作にたくし上げたTシャツから見える腕がたくましいですね。

フジテレビ系連続ドラマ「水球ヤンキース」制作発表会より
フジテレビ系連続ドラマ「水球ヤンキース」(2014)制作発表会より

2014年頃の山崎さん。

若々しいですね。かなりスリムです。

出典:ドラマ「好きな人がいること」(フジテレビ)
出典:ドラマ「好きな人がいること」(フジテレビ)

2016年のドラマでのワンシーン。

2年の間でなかなか筋肉付いていますね。

出典:ドラマ「好きな人がいること」(フジテレビ)
出典:ドラマ「好きな人がいること」(フジテレビ)

二頭筋の膨らみがいいですね。

まとめ

今回は、映画「ゴールデンカムイ」で主人公の杉元佐一を演じた山崎賢人さんについて、

  • 仕上がりは原作と比べてどうだった?
  • 役作りのために10キロ増量?
  • イケメン筋肉画像

などをまとめてみました。

発表当時は

杉元は山崎賢人じゃない!

などの意見もありましたが、いざ公開すると山崎さんを絶賛声が多かったようです

山崎さんの作品に対する真摯な姿勢が評価されたようで良かったです!

続編も期待ですね!

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

筋トレが趣味です。

目次